私以外私じゃないの

『私以外私じゃないの』
ゲスの極み乙女の大ヒットした曲だ。

本当に私以外私じゃないのか?
という問いを抱き、東大の哲学の先生にぶつけた対談がこちら。

本当に「私以外私じゃないの」か?東大の哲学教授・梶谷真司先生に聞いてみた | 東京上野のWeb制作会社LIG

面白いな〜

 

結論は、『自分が自分を受け入れたとき私になるが、受け入れてないとき(たとえば、鬱)は私じゃない』だった。

ぼくがこの対談記事を見て面白いと思った点は2点。
①結論そのもの
②結論に至るまでの思考過程 

 

ぼくは考えるのが苦手だ。自分で考えず安易に相手に『答え』を教えてもらう癖がある。でも、これからの時代はいかに自分で考え、行動できるかが大切になる。 

 

口癖から変える 
『なぜ』『本当に』『他には』『だから何』『一言でいうと』
これらの単語を枕詞に使って慣れてく。 

 

周りの人の口癖を観察する
年齢、性別、身なり、分け方はいろいろあると思うがどういうタイプの人がどんな行動とる傾向があるのか観察してみる。