文体に性格が表れる

文末に『(笑)をつけても本当は笑わず打ってる時がある』という知り合いの投稿をみて思ったこと。

 

 

僕も結構、このブログ内でも(笑)をつけるけども実際に笑える内容でないのにつけることがある。なぜ使うのか考えてみると自分の場合、照れ隠しとして使ってることがあると思った。断定を避けて少し曖昧な表現をするのと似てて、言い訳できる余白を作ってるのかなと。なので、(笑)をつけなくても自信をもって言い切れるくらい考えたいなーと思いました。

 

 

『文体に性格が表れる。』

細かくは忘れたけど、!をよく使う人(論理より)感情が強いだったり特徴が表れるという話。性格は考え方や行動パターンの癖だと思ってるので、文章にも表れるんやろな。一度、振り返ってみると面白そう。

 

あと、毎日長文書いてる人本当すごいなぁと尊敬する。原動力は何なんやろーと思いながら、自分の動機も振り返ってみます。(笑)

 

では、また!!