文章はリズムで決まる

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

 

【書評】『20歳の自分に受けさせたい文章講義』文章の基本がスッキリ分かる! | シンプリズム 

この記事読んだら、本買わなくていいんじゃないかってくらい良くまとまってる記事。

 

ぼくがこの本と出会ったのはスタンダードブックストア心斎橋店。店長がとても魅力的な方で、イベントでは何度か足を運んだ。この店を4月で閉店するらしい。。

また新たな挑戦をされるそうなのでできる限りの応援させて頂きます(^^)

 

話は戻って、この古賀さんの著書。あの『嫌われる勇気』を岸見先生と共著で出された方で「文章はリズム」っていう見出しに惹かれて買った。(気がする笑)

 

お笑い芸人や落語家の方などプロの話し手はリズムがとてもいい。実際、何を言うかよりもどう言うか(リズム、抑揚、間など)の方が「笑い」を生む大きな要素だと感じる。(ど素人目線ですが笑)

 

良文にたくさん触れることで、書くリズムも自ずとついてくるのかな。

 

では、また!!