【書評】FREEDOM

【FREEDOM】高橋歩 著

 

パズドラに熱中しすぎて、学校でゼウス先輩と呼ばれたり、ポケベガっていうオンラインカジノゲーム(もちろん、金銭のやりとりなし)で世界ランキング4位になったりしてた高2の頃(笑)

 

 

ゲームで知り合い、次いつ会えるかわからないから、とぼくに会うためだけに東京から大阪まで来てくれた恩人がいて。

 

 

 

その恩人にもらったのがこの「FREEDOM」っていう本。

 

 

いま思えば、その出会いが一つのターニングポイント(人生の転換点)で、本を少しずつ読むようにもなった。

 

 

文章量めっちゃ少くて、いっさい本読んでなかったぼくでも30分で読めた笑

 

 

改めていま読んでみて心に残った言葉をいくつか載せます。(あ、以下のフレーズが見開き1ページです笑)

他人のルールは、オレをを縛るが、

自分のルールは、オレを解放する。

自分のルールを決めれば、決して迷わない。

→自分で決めてる人は行動が早いしブレないですよね

 

 

 

 

 

「俺はひとりでもやるぜ」

だからこそ、いい仲間が出来るんだと思う。

→周りがやってなくてもやる。そういう覚悟のある人についていきたくなりますね。

 

 

 

大事なことは、どっちを選ぶかじゃない。

選んだ後どう生きるか、だ。

どっちの道を選んだとしても、

「やっぱり、こっちを選んでよかった!」って、

笑えるように、頑張るのみ。

【面白さを優先しろ!!】田中社長が現在の大学生に思うことを語る!! オンデーズ "田中修治" 社長(5/5) - YouTube

努力して自分の選択を正解にするしかない。

 

 

やって、やって、結果が出るまでやり抜くのみ。

自信をつける方法は、それしかないでしょ。

→今年のテーマは結果を出すこと。やり抜いたと堂々と言える一年にする。

 

 

FREEDOM

FREEDOM